Top >  ハローワークと再就職 >  難しい中高年の再就職の方法

難しい中高年の再就職の方法

専門的なスキルがなく、目立った実績のない中高年の方は再就職が大変厳しい状況です。厳しい状況ではありますが、どのような再就職の方法があるのか検討したいと思います。

中高年の再就職のやり方としては、ハローワークで再就職先を探す他に、インターネットの就職サイトを使う方法があります。

先ほども言ったように、中高年の再就職の場合、何か専門的な技術や経験がないと今までと同じくらいの年収を維持するのは難しいです。どうしても収入を維持したいという場合は、思い切って起業するぐらいの覚悟が必要かもしれません。でも、そこまでするのは難しい方が大半でしょう。

中高年の再就職活動が大変なのは、それまでと同じ年収で、希望する職種につきたいというこだわりがあるというケースが大半です。

多少の収入ダウンを覚悟して、仕事を選ばなければ、中高年でも再就職できるでしょう。しかし、それでは、今までのキャリアが活かせないということもあります。

また、ローンの返済や子供の学費、老後のことを考えると、どんな仕事でもいいという方は少ないでしょう。

しかし考えてみてください。職についていない期間が長引いてしまうほど、中高年の再就職は不利になってしまいます。

できれば、失業保険の給付期間中になんとか折り合いをつけて、再就職先をみつけたいものです。

一人での再就職活動に不安を感じるなら、有料職業紹介事業所である転職エージェントに登録する方法もあります。ハローワークより対応がよいと評判です。職務経歴書や面接の受け方などノウハウも持っているので、実践的なアドバイスに期待が持てます。

また、中高年の再就職活動をサポートしてくれるだけでなく、非公開の求人情報などもたくさん扱っているので、場合によっては、元の勤め先よりも自分に合った仕事がみつけられる可能性もあります。

能力の高い中高年を積極的に採用する会社もありますが、仕事の内容が同じなら、安い人件費で済む若い人を採用する会社の方が多いものです。

自分の適性と能力をよく見極めて、ふさわしい就職先を探しましょう。無料の適職検査を受けてみるのもいいと思います。

第3者の目で自分のキャリアをチェックした場合、自分では想像していなかった職場が向いているという結果になることがあります。

         

ハローワークと再就職

ここでは、ハローワークを使った再就職について紹介しています。中高年の再就職や女性の再就職の環境は非常に厳しい状況となってきています。その厳しい状況をはねのけ、再就職するにはどうしたらよいのかについて考察しています。最近、インターネットの普及で一昔前の再就職とは違った再就職の方法を取る方もいらっしゃいます。成功事例を参考に自分はどのような方法が取れるか検討していただければ幸いです。

関連エントリー

定年後の団塊世代の再就職と連帯保証 公務員の再就職。定年退職した後の人生をどうするか? 40代、50代の再就職は困難です 難しい中高年の再就職の方法 女性の再就職について考える


スポンサードリンク