Top >  ハローワークと失業 >  失業して再就職するときには忘れず再就職手当をもらおう!

失業して再就職するときには忘れず再就職手当をもらおう!

たまに、再就職をしたとききに、再就職手当を受け取り忘れる人がいるそうです。制度を知らないと損してしまいます。

再就職手当について解説します。

再就職手当とは、就職を促進するために給付される手当の一つです。これがないと、失業状態のまま、再就職活動をしない人がいるのでもうけられています。

この再就職手当をもらうためには、いくつかの条件があります。

注意しないといけないのは、条件に当てはまったとしても、再就職した日の翌日から1ヶ月以内に、再就職手当をもらうための手続きを行わないと給付を受けることができません。

この手続をし忘れちゃう人がいるんですよね。もったいないです。もらえるものはもらいましょう。

再就職手当の条件ですが、基本手当を支給される残りの日数が所定給付日数の3分の1以上(かつ45日以上)あることが給付資格の第一条件です。

「早めに再就職した分、支給しないで済んだ基本手当をお祝い金代わりにまとめて払ってあげるよ。」という趣旨のお金なので、基本手当をたっぷりもらった後で、再就職して、再就職手当ももらうというわけにはいきません。

再就職手当は、雇用保険の被保険者対象となるような就職(1年以上の継続雇用が確実な就職のみ)をする場合の他、自分で雇用保険の被保険者を雇用するような事業を始める場合にも給付されます。

待機期間が過ぎた後でなければ再就職手当の給付対象にならなかったり、待機期間が過ぎてからも1ヶ月間はハローワークが紹介した会社に就職した場合のみ、再就職手当が給付されるなどの条件があるので、注意が必要です。

他にもいろいろ満たさなければならない条件があるので、自分が再就職手当の対象になるかどうかは、ハローワークに問い合わせてみてください。

再就職手当の対象にならなくても、就職手当の対象になるかもしれませんから、面倒でもきいてみた方がいいと思います。

制度に関しては、ハローワークにおいてある冊子を熟読するというのもひとつの手です。ある程度、基礎知識がないと、何を質問して良いかもわかりませんからね。

細かな点をハローワークの職員に確認をとるというのが賢い使い方です。

         

ハローワークと失業

家庭を持っていたり、借金を抱えていたりすると、突然の失業で右往左往してしまいますよね。失業に対してどのような対策をしておけばよいのか。失業した場合、ハローワークをどのように使ったらよいのかについて解説してきます。ハローワークをとことん使えば、補助金をもらえる方法を教えてくれたり、次の就職に有利になる方法を教えてくれたります。

関連エントリー

失業して再就職するときには忘れず再就職手当をもらおう! 失業で必要になる手続きとは? 失業に備えてしておくこと


スポンサードリンク