Top >  ハローワークと再就職 >  女性の再就職について考える

女性の再就職について考える

女性の再就職って、なかなか難しいですよね。女性の再就職については、いろんなケースが想定されます。

女性の場合、結婚や出産、子育てなどが絡んできますので、男性よりも再就職活動が大変です。特に日本の場合、男性の子育て参加率が低いので、どうしても女性に負担がかかります。

女性の再就職は、年代や配偶者の有無、子供がいるかどうかによっても変わってきます。結婚や妊娠を理由に離職してしまう女性が多いため、需要の高い資格を持っていたり、即戦力になれるような実力がないと、再就職は難しくなりそうです。

反対に即戦力になる資格を持っているなら再就職は簡単です。最近で言うなら、看護師です。7体1の看護配置がはじまってから、急性期の病院を中心に看護師不足の問題を抱えています。

全国どこでも同じ問題を抱えているので、再就職は簡単になります。問題は、このようなニーズのある資格を持っていない場合です。

大抵の場合、女性の再就職活動では、未婚であれば、「結婚の予定は?」ときかれ、子供がいなければ、「出産の予定は?」などとプライベートなこともきかれます。

面接の度に、精神的なストレスもたまってしまいがちですが、会社側としては仕方のない質問なので諦めるしかありません。採用したばかりなのに、育児休暇を取られると、人手不足の中小企業は採用にかかったコストが無駄になってしまいます。

求人広告を出すのも無料ではありませんので、規模の小さな企業ほど女性を採用するときには慎重になります。

したがって、「結婚して、子供ができても仕事を続けたい」という返答は、育児支援をしっかりしている会社でない限り、NGであることが多いようです。ビジネスモデルがしっかりしていて、勤務時間が短時間でも売上がしっかりあげれる会社であれば、育児支援を積極的に行なっているケースが多いです。そのような企業の人気は高いので、再就職するさいにハードルは高くなりますが、長く勤務することを考えるならそのような企業を狙うのもひとつの手です。

子供がいると、残業や休日出勤ができなかったり、急な発熱や学校行事などで、休まなければならないことも増えます。

本音で答えてしまうと、再就職が難しいというのが、女性の再就職の現実です。

とはいえ、子供がいて、いざという時に面倒をみてくれる人がいないのに、ウソをついて再就職しても、働き始めてから困ることになります。

せっかく再就職しても、託児所に支払う月謝だけで、収入のほとんどが消えてしまうというケースもあります。

女性の再就職は、実際に働くことまで考えないと、また再就職活動することになってしまうかもしれません。

再就職するにあたって、ベストは仕事に直結する資格や技能を身につけておくことです。また、選択肢として在宅ワークという方法もあります。再就職するより難易度は難しいですが、インターネットが発達してきているので、就職するよりはるかに収入をえている女性がいるのも事実です。

         

ハローワークと再就職

ここでは、ハローワークを使った再就職について紹介しています。中高年の再就職や女性の再就職の環境は非常に厳しい状況となってきています。その厳しい状況をはねのけ、再就職するにはどうしたらよいのかについて考察しています。最近、インターネットの普及で一昔前の再就職とは違った再就職の方法を取る方もいらっしゃいます。成功事例を参考に自分はどのような方法が取れるか検討していただければ幸いです。

関連エントリー

定年後の団塊世代の再就職と連帯保証 公務員の再就職。定年退職した後の人生をどうするか? 40代、50代の再就職は困難です 難しい中高年の再就職の方法 女性の再就職について考える


スポンサードリンク